北区 荒川区 足立区 川口市 草加市 越谷市 税理士 行政書士 野口会計事務所【よくあるご質問】

Q1、顧問先の範囲を教えて下さい。
A1、今のところ東京・埼玉を中心として活動しております。

Q2、税務調査の際に立会いはしてもらえるのでしょうか?
A2、税理士自身が立ち会うことにしております。万が一問題点を指摘された場合の税務官庁との折衝も行いますのでご安心ください。

Q3、訪問間隔はどのくらいですか?
A3、原則的にはお客様のご希望並びに顧問料にもよりますが、できうる限り毎月訪問を基本としております。お客様のご要望があれば適宜調整させて頂いております。

Q4、会社設立手続から税務署への届出全てをお任せできますか?
A4、お任せください。一連のスケジュール及び必要書類等をご提示し、決定次第スピーディに手続をいたします。
 
Q5、個人事業ですが、法人にすべきか悩んでいます。
A5、法人化した場合の税額軽減効果のシミュレーションをしまして、どの程度の効果があるのかをご説明いたします。
 
Q6、初めての決算です。何もしていませんが対応可能ですか?
Q6、決算前であればまったく問題ありません。
ただ、税務的な判断において「手遅れ」となってしまうケースが多々ありますので、できる限り早めにご相談して頂くことをお勧めしております。

Q7、会社を設立しました。しかし、経理・総務のことは全くわかりません。ただ、事務スタッフを別に雇う余裕もありません。経理や給与計算、社会保険の手続きなど、色々とおまかせしたいのですが引き受けてもらえますか?
A7、設立間際の企業は、事務社員を雇う余裕はないところが多いです。そんなときは経理や労務の専門家にアウトソーシングするほうが、品質保証もされ、結局、コストの削減にもつながることになることが多いです。是非、当会計事務所にお任せください。ただし、お客様のご協力なしではどうしても進まない部分もありますので、「あとは適当にやっておいてほしい」という方はご遠慮ください。

Q8、現在すでに顧問税理士はいるのですが、現状は断りにくいので保険という意味で顧問をしてもらうことは可能ですか?
A8、税理士といえども、各人それぞれ強い分野が異なりますし会社の事情もあり、契約される会社の方でうまく使い分けができるのであれば、数人の税理士と契約をする利点はあると思います。医療界でいうセカンドオピニオンとしてのご利用も承ります。